yujiji

大島優子が「あさが来た」出演でブーイング?卒業後、劣化している?

大島優子さんが朝の連続テレビ小説「あさが来た」で熱演をしていると言われていますが、世間の声は一体どういう感じなのでしょうか?
またAKB48を卒業していろいろな方面で活躍をしていますが、ファンの間では劣化していると言われているようです。
事実なのでしょうか?
そのあたりを調べてみようと思います。

sponsored link

大島優子が「あさが来た」出演でブーイング?

yujiji元AKB48のセンターを務めた事もある大島優子さん。
AKB48を2014年に卒業されました。

AKBに在籍中も、卒業後も多方面で活躍をしていましたし、たくさんのドラマにも出演をしていました。
そんな大島さんが朝の連続テレビ小説「あさが来た」で「平塚明(平塚らいてう)」の役を演じています。
平塚明さんと言えば、「元始、女性は太陽であった」と言う言葉を残し、今現在もいろいろな場面で使う人が多いと言われています。

wst1603030067-p1そんな平塚らいてうさんを演じているのですが、一体どういう感じなのでしょうか?
AKBファンや大島優子さんのファンは「熱演している」とか「大女優になっている」とか大絶賛みたいですが、元々「あさが来た」を見ている人は「なんで大島優子が出るの?」「なぜ最後の最後に平塚らいてうを出演してくるの?」と疑問の声が多々出ているようです。
「サプライズ」って事で大島優子さんを投入したと思うのですが、役柄がなかなか決まらずに急きょ「平塚らいてう」を無理やり入れた感が出ています。

元々アンチ大島さんの「あさが来た」ファンは大島さんに対してアイドルなのか?女優なのか?バラエティタレントなのかはっきりしないと思っているようです。
それが最後の盛り上がっている重要な場面に急に投入されても受け入れる事ができない視聴者が多いようですね。

例えば主題歌をセンターで歌っている山本彩さんが「平塚らいてう」役を演じるのならそんなに批判も受けなかったと思うのですが、AKBを卒業している大島さんがノコノコ出演されても視聴者は冷めた目で見てしまうようです。
「あさが来た」を見ている人は「サプライズがある」ってなんとなくわかっていたと思いますが、山本彩さんが出ると思っていた人が多かっただけに「なんで大島優子なの?」とブーイングの声がたくさん出ています。

今回出演をして大島さんへの批判やブーイングを大島さん自身がどう受け取るか不明ですが、「女優」としてもっと活躍をして欲しいと思います。

sponsored link

卒業後、劣化している?

AKBを卒業して約2年弱ですが、AKBに在籍していた時のような輝きがなくなったと言われています。
確かに雑誌でのグラビアを見ても「劣化」と言う言葉がぴったりのように思えます。

wpid-1439368731-0097-001今まではアイドルや歌手などの肩書きがあって、しかもかわいらしさと女性らしさがあったのですが、卒業後はなぜか一気にオバサン化していると言われています。
確かにグラビアの画像を見ても「老けた」「劣化」「おばさん」と言う言葉がぴったりに思えるのです。

AKBの時は仕事も充実していましたし、前向きにもなれたと思いますが、卒業後は自分が思い描いていた仕事をしていないのでしょうか。
充実しているとは思えない表情だったように見えました。

lDacWXs78y1oenA_25805素材はとっても良いので、今回の「あさが来た」の仕事をやり遂げた!と言う自信を持って前みたいな輝きを見せて欲しいと思います。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です