09f2b8923d8f0df5df26519c424adcc4

土屋太鳳がおひさまで演じた木村ハナとは?花子とアンで演じた安東ももってどんな役?

09f2b8923d8f0df5df26519c424adcc4朝ドラ主演が続いている土屋太鳳さんの、『おひさま』で演じていた役柄が、とても魅力的だったという情報を受けて、今回も調べてみました!

多くの会社員の方が、朝ドラが始まる時間帯には、会社にいらっしゃることと思いますので、知らない人も多いかもしれません。

そこで今回は、このドラマ『おひさま』の内容と、土屋さんが演じた木村ハナの役柄について詳しく紹介しますね♪

sponsored link

プロフィール

土屋太鳳
生年月日:1995年2月3日(20歳)
出生地:東京都
身長:155cm
血液型:O型
職業:女優
所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

土屋太鳳がおひさまで演じた木村ハナとは?

ドラマ『おひさま』とは、戦争の時代を挟んで、苦しくも生き抜いてきた昭和時代の、一人の日記をもとに展開される映画です。

このドラマの中の主人公役は、井上真央さんで、土屋さんは、木村ハナという一生徒の役を演じています。
井上さん演じる陽子という女性(日記を書いた女性)は、高等部の教師になり、初めて持った教え子が、土屋さん演じる木村ハナでした。

土屋さんの演じた生徒は、クラス一の貧乏な育ちで、家庭訪問へ陽子が行った時に、他の生徒の家では当時でいう最高のもてなしを受ける中で、もてなすものが無い為に、ハナ子の家で一番高級とされている、砂糖を出します。

その砂糖が、どんなお菓子よりも美味しく感じて、この砂糖の味が忘れられなかった、と語る程の激動の時代を生き抜いてきた人たちのお話しです。

学校を卒業後は、食料を求めた先で事故に合い、足を引きずりながら、職に励む女性の生き様を、上手く演じています。

感動のシーンも大変多い、現代では味わうことの出来ない、心温まる映画なので、土屋さんの上手な役柄作りとともに、一度ネットでご覧になられては、いかがでしょうか?

sponsored link

花子とアンで演じた安東ももってどんな役?

花子とアンでも、おひさまに引き続き、苦労しても一生懸命に生きようとする、貧しい育ちの女性の役柄を演じています。

彼女の役は、花子の一番下の妹、ももという女性の役です。

姉の花子は、東京で華やかな生活を送る中、末っ子のももは、毎日顔を煤まみれにして、家業の畑仕事に励んでいました。
そして父が持ち込んだ縁談により、結婚をすることになるのですが、姑達から毎日いびられる日々を過ごすこととなり、あまりの生活のすさまじさから、東京に住む姉の家に引き取られることになります。

その後北海道へ行き、良きパートナーと出会い、幸せな生活を送るようになるというような、これまた可愛そうな役柄なのです。

おひさまの役柄といい、今回の役柄といい、彼女は不幸な役柄が多いのですね。
現代の人々に強く生きるための、メッセージを与える大切な役ですが、このような難しい役ばかりに当たる人は、女優生活が長く続くようなイメージがありませんか?

まだまだ年齢も若いので、女優としての活動にも華が咲き始めたばかり!
これからも、たくさんのドラマと触れ合い、女優として大きく羽ばたいてくれることを、願っています。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です