oshimayuko

大島優子のアカデミー賞での衣装が下品との悪評あり!!銭の戦争で太った理由はストレスか?

oshimayukoかつてAKB48のメンバーであり、総選挙で二度も1位に輝いた大島優子さんですが、最近不評続きで騒がれています。
大島優子さんといえば、母親の薦めで子役として活動して以来、10年以上の芸歴をもつ芸能界ではどちらかといえばベテランの部類に入ります。
まずは、そんな大島優子さんについて簡単に紹介しましょう。

sponsored link

プロフィール

大島優子

本名 大島優子

生年月日 1988年10月17日(26歳)

出生地 栃木県 下都賀郡 壬生町

身長 152 cm

血液型 B型

職業 女優

1996年にセントラル劇団に所属し子役タレントとして映画「大怪獣東京に現る」で桃井かおりとも共演しています。
4年後の2000年にはジュニアアイドルとして活躍し、2006年4月にOffice48に移籍したことからAKBでのアイドル活動が始まります。

大島優子のアカデミー賞での衣装が下品との悪評あり!!

映画『紙の月』での演技が評価されアカデミー賞受賞となった大島優子さん。
純白のドレスを着て「セクシー」「AKB時代よりもいい」と騒がれていました。

しかし一部の報道によると、「劣化?」「真っ白のドレスを着ているのに、下品に見える」などと騒がれています。

そもそもアカデミー賞受賞式という場では、受賞者は華やかかつ、フォーマルな衣装を身にまとっています。
同じ会場にいた前田敦子さんが黒のドレスを着ていたことに対して、正反対の白の衣装を着ての久しぶりのツーショットが実現。

しかしドレスとも言えないような、高級感すら感じない、透けているワンピースを着て、セクシーとは程遠い衣装で、下品と言われても仕方が無い装いでした。

その姿で堂々とアカデミー賞の受賞式という舞台に上がってしまったことこそ、場違い以外の何者でもありません。
そしてその衣装でレッドカーペットを歩く姿によりネット上では批判の声の嵐です!
大物女優を狙うのであれば、衣装の選択から考え直さなければいけない一件となりました。

sponsored link

銭の戦争で太った理由はストレスか?

韓国で最高視聴率37%を記録したドラマ「銭の戦争」が、草彅剛さん主演の日本ドラマとなり放送されています。
そこで共演している大島優子さんが、太ったとの噂で騒がれています。

写真で比べてみると、確かに少し太ったように見えます。
そもそも大島優子さんと言えばAKBの元メンバーで、AKB時代は歌に踊りに大忙しでした。
それに比べると、今の女優活動では多忙なスケジュールはあったとしても、以前のように激しく動き回ることがないのでしょう。
女優業の方は、アイドルの頃のようにファンによるバックアップも通用しないので、ストレスとの戦いも否定はできないでしょう。

しかし大島優子さんのファンの間では、「もともとスタイルが良すぎたのでは?」という優しい声が飛び交っています。
今の様子ではストレスによる太りと言うよりは、自然なことなのでしょう。

女優業というのはベテランばかりの中で扱かれる、実力だけがモノを言う世界で大変なお仕事です。
今後もストレスとの戦いになるでしょう。

しかし先日アカデミー賞も受賞したばかりの大島優子さん。
今からが女優大島優子としての魅力を発揮するべき時代、となってくるのではないでしょうか?

今後も消えることなく頑張ってもらいたいものです。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です