8.6s

ラッスンゴレライのやくみつる解釈と意味はどんなの?英語の動画もヤバい!!

8.6s今現在人気急上昇のラッスンゴレライですがその意味とやくみつるさんの解釈が非常に話題になっているそうです。
またラッスンゴレライの英語の動画もヤバいと話題になっています。
これらについて気になりましたので調べてみました。

sponsored link

プロフィール

8.6秒バズーカー

メンバー はまやねん、田中シングル

結成年 2014年4月1日

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

出身 大阪NSC36期生

ラッスンゴレライのやくみつる解釈と意味はどんなの?

2015年の流行語になりそうな「ラッスンゴレライ」ですがそのラッスンゴレライの意味とやくみつるさんの解釈はどんなものなのかについて気になりましたので調べてみました。

8.6秒バズーカーさんはラッスンゴレライについて意味はないと言っています。たしかに意味不明な言葉ですね。日本語にはないフレーズです。

やくみつるさん解釈のラッスンゴレライなのですが非常に特徴的な解釈をしているようです。

なんでも”ラッスン”というのは”にんにく”の意味で”ゴレ”というのは”ゴレ島”で”ライ”というのは”由来する”というようにやくみつるさんは解釈しているようです。全部合わせて「ゴレ島のにんにく」と訳したそうです。

やくみつるさんがなんとか意味を引っ張り出して訳したものですが、センスが悪いと評判のようですね。8.6秒バズーカーさんもラッスンゴレライに続くネタを考えないとこの先消えてしまうかも知れません。

リズムネタは麻薬と言われています。急に人気が出てそして急に人気が下がってしまうようです。リズムネタと言えばオリエンタルラジオさんも武勇伝で有名になりました。

あの当時、オリエンタルラジオさんは急に有名になって、急に人気が下がってしまいました。最近はオリエンタルラジオさんも人気が上がってきましたがそんなオリエンタルラジオさんもラッスンゴレライのネタをやったことがあるそうです。ちょっとパクリっぽいですがこちらをどうぞ。

本家よりもおもしろいという評判もあるらしいですがこの他人のネタを披露するのに2週間も練習したそうです。リズムネタは練習が命だとオリエンタルラジオさんは語っていました。自分達がリズムネタをやっていたのでよく分かっているのでしょうね。

日本エレキテル連合もラッスンゴレライを警戒しているとの話です。入れ替わりの激しい芸能界ですがもしかしたら夏まで8.6秒バズーカーさんも持たないかもしれませんね。今後の活躍に期待したいですよね。

sponsored link

ラッスンゴレライの英語の動画とは

今飛ぶ鳥を落とす8.6秒バズーカーさんのラッスンゴレライですが英語での動画について話題になっているようです。

なんでも日本人が作っているそうで8.6秒バズーカーさんのラッスンゴレライのネタを英訳して動画サイトでアップしているようです。非常に面白いのでここで紹介したいと思います。こちらです。

英語が非常に流暢で思わず笑ってしましますよね。ちょっと待ってちょっと待ってお兄さんと言うところが「Wait a minitues wait a minitues oniisan」となってて面白いですよね。リズムにあっていてノリノリですよね。

リズム芸人のネタはいきなり有名になっていきなり人気が無くなりますので、今のうちにいろんなところからのアプローチがあったほうがいいのではないでしょうか。

今後も8.6秒バズーカーさんに活躍して欲しいですよね。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です